4番候補の巨人・岡本 侍でも背番25「しっかり打てるよう頑張る」

[ 2019年2月18日 17:33 ]

巨人の岡本
Photo By スポニチ

 3月に行われる侍ジャパンの強化試合に、巨人からは岡本和真内野手(22)、吉川尚輝内野手(24)、田口麗斗投手(23)、小林誠司捕手(29)の4人が選出された。

 4番候補の1人である岡本は、昨秋の日米野球に続いて2度目の選出。「選んでいただいたからにはしっかり打てるように頑張りたい。(経験は)自分にとってプラスになる」と意気込む。楽天・田中と背番号が同じ「25」のため、事前にロナルド・アクーニャ(ブレーブス)の「13」、ミゲル・カブレラ(タイガース)の「24」を候補に挙げたが、巨人で背負う「25」に決定した。

 球界屈指の守備力を誇る吉川尚はプロ3年目で初選出。打撃も今キャンプ中の実戦で12打数8安打と向上している。「自分の持ち味を出してチームに貢献できればいいなと思う。周りにはすごい選手ばかり。いろんなことを聞くチャンスもある。いい経験になると思う」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月18日のニュース