大リーグ オープン戦で「ピッチクロック」導入 投球間の制限時間は20秒以内

[ 2019年2月18日 16:47 ]

大リーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナー (AP)
Photo By AP

 大リーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナーが17日、今年のオープン戦で投球間の時間を計測する「ピッチクロック」を試験的に導入すると明らかにした。試合時間の短縮が目的で、投球間の制限時間は20秒以内に設定されるが、超えても罰則が適用されることはない。

 すでにマイナーリーグでは2015年から「ピッチクロック」が導入されており、2Aと3Aのルールでは、走者なしでは15秒以内、走者が塁にいる状況では20秒以内に投球しなければ、カウントにボールが加えられる。大リーグでも正式な導入を目指し、機構側は走者なしでは18秒以内、走者が塁にいる状況では20秒以内とするルールを提案しているが、選手会側が難色を示しているという。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月18日のニュース