DeNA新人3選手が白ヘビ首巻き「幸運の儀式」 ドラ1上茶谷「怖かった」ドラ3大貫「結構かわいい」

[ 2019年2月6日 16:03 ]

<DeNAキャンプ休日>幸運の白へびと記念撮影する(左から)知野、上茶谷、大貫(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの新人3選手、ドラフト1位・上茶谷(東洋大)、3位・大貫(新日鉄住金鹿島)、6位・知野(BCリーグ・新潟)が1軍キャンプ休日の6日、南城市のおきなわワールドを訪問した。シーサー作り、さらには全長3メートル、重量20キロの白ヘビを首に巻く体験も…。

 大貫が白ヘビに「僕は大丈夫。結構かわいいと思いました」と言う一方で、上茶谷は「大きかったので怖かった」、知野は「は虫類が好きではないので驚きました」とおっかなびっくり。浜口、東と過去2年の新人が2桁勝利を挙げた「幸運の儀式」とあって、上茶谷は「この波に乗って…というか、頑張っていきたい」と口にしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月6日のニュース