中日 根尾 第1クール振り返る「荒木さんに受けていただいたり、形を見せていただいたのが一番の収穫」

[ 2019年2月6日 05:30 ]

中日・春季キャンプ ( 2019年2月5日 )

守備練習で声を出す根尾(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 右ふくらはぎ肉離れのため、2軍で別メニュー調整が続く中日ドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)は第1クールを終え「全体練習に入ることはできなかったが、しっかり自分にできることに取り組めて充実していました」と振り返った。

 守備練習では昨季現役を引退した荒木2軍内野守備走塁コーチから直接指導を受けるなど「荒木さんに(球を)受けていただいたり、形を見せていただくことができたのが一番の収穫」と初めて経験するプロのキャンプはすべてが身になった。

 負傷した右足は痛みや違和感もなく、ランニングも「7割ぐらい」と全快も間近。与田監督は2軍で全体練習にフル参加できた後に1軍合流させる方針を示しており、第2クールに向けて「1つずつステップを踏んで練習に取り組みたい」と前を向いた。

 ロッテ・藤原ら大阪桐蔭の同期からはけがを心配する連絡があったものの「ニュースを見ていないので」とライバルたちの動向はノーチェック。キャンプ初の休日となる6日は「ゆっくりしたい」と体を休めることに専念する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月6日のニュース