侍J稲葉監督 外崎のユーティリティー性を絶賛

[ 2019年2月6日 20:11 ]

<西武・南郷キャンプ>逆手の握りでティー打撃する外崎(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)が6日の午前中、西武のキャンプを視察した。

 代表候補に名前が挙がる外崎修汰内野手(26)について「どこでも守れるのが1番の強み。バッティングでも逆方向にホームランを打てるし、つなぎ役としてもできる。外野の経験もあるし守る方でも、走る方でもいろんなことができる選手」とユーティリティー性を絶賛した。

 東京五輪では選手の登録枠が24人と少なくなるだけに、指揮官は「12球団見回しても探すのが難しい。ユーティリティというのは大事なポジション。チームにいてくれるとありがたい選手」と貴重な人材として高く評価する。外崎は「どこでも守れることが武器。どっちでもできるようにやっている」と話した。

 今季は、昨季まで正二塁手だった浅村栄斗内野手(28)が抜けて、その穴を埋める活躍が期待される外崎。キャンプでは主に二塁手として守備につくことが多いが「バウンドが合わない。投げる方は大丈夫だけど、捕る方が難しい」と苦戦する場面も。それでも「去年も(内野手として)出ていたし、特に変えることはない。エラーを怖がっていたら1歩でれなくなるので、練習をいっぱいして自身をつけていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月6日のニュース