ロッテ 安田 2年目の進化“コンパクト”シート打撃で2日連続適時打

[ 2019年2月6日 05:30 ]

ロッテ・春季キャンプ ( 2019年2月5日 )

シート打撃で中前打を放つ安田(右は井口監督)
Photo By スポニチ

 無意識の変化だ。1日に行われた紅白戦はバットを立てて構えたロッテ・安田はこの日、一転、肩に担げるほど寝かせていた。キャンプ2度目のシート打撃。左腕・土肥に1ボール2ストライクと追い込まれたが、外角の直球に合わせ、うまく手首を返しての中前打。2日連続安打と好調さが際立っている。

 「リラックスし、軸足に乗せること。上体は気にしてません」

 下半身がぶれないことを追い求める中、一番、バットが出る角度にたどり着いた。「バットを立てる方が飛ばせるイメージだが、確率を上げることに重点を置いているように見える」と西武・杉山春樹スコアラー。長打だけではなく追い込まれ、単打が必要な場面の対応力も上がった。

 4日のシート打撃は右腕・西野の内角の直球を引っ張り、右翼線二塁打。内角、外角の直球に対する「剛柔」を織り交ぜた姿にオリックス・曽我部直樹スコアラーは「この1年でプロのスピードに完全についてきた。直球勝負に行きにくい。(三塁で)レアードと勝負できる」とその成長を警戒する。

 井口監督も「結果を出している。クリーンアップを打つ選手だと思うし、育ってほしい」と中軸候補と認める。日本ハムから加入したレアード、昨季レギュラーの鈴木に挑む「三塁の壁」は高いが、期待度は一番だ。

 新人だった1年前は連日、柵越えの数を報道され「気になって仕方なかった」と笑うが、その役目も藤原に譲って余裕ができた。「100回振ったら、100回理想のスイングをしたい」。進化の2年目が始まった。 (福浦 健太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月6日のニュース