ソフトB 育成の周東パンチ力見せた「ビックリした」

[ 2019年2月6日 05:30 ]

ソフトバンク・春季キャンプ ( 2019年2月5日 )

先頭でランニングする周東(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク育成2年目の俊足内野手・周東がパンチ力を見せた。田中の少し高めに来た直球を捉え、右中間に運んだ。「ビックリした。打球よりも自分のスイングをすることを心がけた」。オフは松田宣に弟子入りし、グアム自主トレに参加。支配下登録を目指し、アピールを続ける。

 “ミギータ”が存在感を示した。パンチ力があり「右の柳田」という意味合いの愛称を持つソフトバンク7年目の真砂は、左腕・大竹から安打性7本を放った。打球は鋭いが、7割の力でスイングしたという。「ティーでは思い切り振れるけど、前から来るボールだと力んでしまう。まずは自分のスイングを固めること」と冷静だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月6日のニュース