巨人ドラ1・高橋 道の駅で1日駅長 ご当地ソフトクリームで小学生と触れ合い笑顔

[ 2019年2月6日 15:51 ]

<巨人キャンプ>道の駅フェニックスで半日駅長を努めた高橋は内海小の子供たちからソフトクリームのおすそ分け(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人は6日、今キャンプ初の休養日を迎えた。ドラフト1位・高橋優貴投手(22=八戸学院大)が、道の駅フェニックスの「駅長」を務めた。

 プロ野球選手になってから初めて経験するイベント参加。マンゴー味などのご当地ソフトクリームを自身がコーンに乗せてつくり、地元小学生に手渡した。「小学生と触れ合えてことが一番です。リラックスできました」と笑顔を見せた。

 初の実戦形式となった前日のシート打撃登板では、阿部、岡本、陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)から計3三振。主力打者7人を1安打に抑えた。10日の紅白戦で実戦デビュー予定。13日からは沖縄に場所を移して1軍キャンプが行われる予定で「昨日出た課題があるのでつぶしていけるようにしたい。自分がレベルアップできるように。結果にこだわって、1軍に残れるように必死で頑張りたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月6日のニュース