頭部死球のヤクルト・中村は異状なし「当たった直後は耳鳴りがした」

[ 2018年6月12日 22:02 ]

交流戦   ヤクルト3-1西武 ( 2018年6月12日    大宮 )

<西・ヤ>4回、頭に死球を受けた中村の所に集まる辻監督、小川監督ら(撮影・ 久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 ヤクルトの中村が4回の打席で左側頭部に投球を受け、交代した。球団によると試合中に埼玉県内の病院で精密検査を受け、異常なしと診断された。

 死球の直後は担架で運ばれたが、試合後は自ら歩いて球場を後にした。中村は「当たった直後は耳鳴りがした。救急車の中でも試合が気になっていた。石川さんに勝ちが付いてよかった」と落ち着いた様子で話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月12日のニュース