清宮 内川バットで「飛ぶようになった」

[ 2018年6月12日 05:30 ]

 交流戦期間は2軍で調整することが決まっている、日本ハムのドラフト1位・清宮が「内川タイプ」のバットで1軍昇格を目指す。

 これまでは33.5インチ(約85センチ)のバットを使用していたが、以前ソフトバンク・内川からもらったバットが気に入り、6月から34インチ(約86センチ)に変更。重さは890グラムで変わらないが、バットの重心がより先端にあり「飛ぶようになった」と実感。きょう12日からのイースタン・リーグ、楽天戦(泉)でも最近8戦6発と好調バットで打ちまくる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年6月12日のニュース