PR:

立命大2回戦敗退 ドラ1候補・辰己「自分に腹立たしい」4の0

全日本大学野球選手権大会2回戦   立命大0―2国際武道大 ( 2018年6月12日    東京D )

 今秋ドラフト1位候補・辰己涼介外野手(4年)を擁する立命大が国際武道大に0―2で敗れた。打線はわずか2安打と沈黙。4打数無安打だった辰己主将は「チームがもがいている時に主将として何もできなかった」と敗戦の責任をすべて背負った。

 11日の1回戦・奈良学園大戦では決勝打を含む2安打2打点の活躍だった辰己。「日本一を目指していたのでみんなに申し訳ないし、自分に腹立たしい。借りを返せるのは秋だけ」と唇を噛んだ。 

[ 2018年6月12日 19:53 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月18日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム