ロッテ 23日西武戦で「スーパーレディースデー」 井口監督らも募金活動

[ 2018年6月12日 13:00 ]

ピンクリボン活動特製Tシャツを着る井口監督
Photo By 提供写真

 ロッテは6月23日の西武戦(ZOZOマリンス)で開催する「スーパーレディースデー」において、乳がんの撲滅、検診の早期受診、乳がん体験者と家族の支援を啓発・推進する「ピンクリボン活動」に沿った取り組みを実施。井口監督、鳥越ヘッドコーチによる愛基金やピンクリボン啓発募金活動が行われ、募金はすべてNPO法人J・POSH『ピンクリボン基金』へ全額寄付を行い、乳がんの撲滅、検診の早期受診活動、乳がん体験者と家族の支援へ役立てる。球場外周に設置される愛基金ピンクリボン啓発ブースでは乳がんのセルフチェックブースを展開。ブース内にセルチェックシートを設け、簡単な乳がんのセルフチェックを行うこともできる。

 また、当日の試合では一塁、二塁、三塁のベースをピンク色のデザインへ変更し、試合終了後のグラウンドで、ピンク色のベースと写真を撮ることができる「ピンクベースフォトセッション」を行う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年6月12日のニュース