PR:

中日・山井3連勝ならず…初回に押し出し四球など6回途中4失点「もっと大胆にいけば良かった」

交流戦   中日―楽天 ( 2018年6月12日    楽天生命パーク )

<楽・中>山井は6回途中で降板(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 中日の先発・山井は6回途中4失点で降板。自身3連勝とはならなかった。

 立ち上がり、制球に苦しみ3四球で2死満塁にすると、アマダーにも押し出し四球。続く島内に中前へ2点適時打を許し3点を先制された。

 開幕から2試合、計15回を無失点だったベテラン右腕だが、16イニング目で今季初失点。それでも2回以降は修正し楽天打線を封じていたが、6回1死二塁からまたしても島内に適時三塁打を浴び、続く嶋に右前打を許したところでマウンドを降りた。

 ベンチから戦況を見届け「初回、考えすぎて丁寧にいきすぎた。もっと大胆にいけば良かった」と反省した。

[ 2018年6月12日 21:05 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月16日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム