マー キャッチボール再開 コーチは「後につながるいい期間にしてほしい」

[ 2018年6月12日 05:30 ]

キャッチボールを再開した田中(右、共同)
Photo By 共同

 両太腿裏の張りで故障者リスト入りした田中がキャッチボールを再開した。

投本間の距離で、下半身への負担を和らげるように投げた。「上半身はできるだけ強いまま保ち、動けるようになったら違和感なくいけるようしたい」と話す。ラリー・ロスチャイルド投手コーチは「まず治すことが先決で、予定はそれから。ただその中でも、後につながるいい期間にしてほしい」と話した。(ニューヨーク・後藤 茂樹)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月12日のニュース