中日 攻撃的打順に組み替えも散発4安打 森監督「外国人が打たなきゃ、うちは勝てないよ」

[ 2018年6月12日 22:09 ]

交流戦   中日1―5楽天 ( 2018年6月12日    楽天生命パーク )

<中・ソ>ソフトバンクに敗れ、ガックリと頭を下げる森監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は2番に平田、5番にモヤを置くなど、大幅に打順を組み替え攻撃的な布陣を組んだ打線が、散発4安打と奮わなかった。

 2008年8月3日の巨人戦以来、10年ぶりに2番で先発出場した平田が2回2死一、二塁から右前適時打。「(2番でも)いつも通り。打順でやることは変わらない」と反撃ののろしをあげたかに見えたが、3回以降はわずか2安打。

 3番からアルモンテ、ビシエド、モヤと外国人3人を並べたがいずれも無安打に終わり、森監督は「外国人が打たなきゃ、うちは勝てないよ」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月12日のニュース