阪神・高山 初の2軍降格決定 復帰登板の秋山と入れ替わり

[ 2017年8月18日 05:53 ]

阪神の高山
Photo By スポニチ

 阪神・高山俊外野手(24)の降格が17日の広島戦のコーチ会議で決まった。今季はもちろん、新人だった昨季を通じて初めて。18日の中日戦で復帰登板する秋山の代わりに出場選手登録を抹消されることになった。

 ドラフト1位入団だった昨年は打率・275、8本塁打、65打点で新人王を獲得。さらなる飛躍を期待されながら、今季は97試合で打率・248、5本塁打、23打点にとどまっていた。

 7月からは先発を外れる日も増え、3打数無安打で6回から交代させられた15日の広島戦後には金本監督から「内容が悪すぎる。タイミングがずっと合っていない」と厳しい評価を与えられていた。16日からは2日連続でウエスタン・リーグのオリックス戦に出場するなど復調を模索。17日の広島戦では出場機会がなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月18日のニュース