DeNA田中浩 通算300犠打達成 史上6人目、初回初球をきっちり

[ 2017年8月18日 18:14 ]

セ・リーグ   DeNA―巨人 ( 2017年8月18日    東京ドーム )

<巨・D>初回無死一塁、送りバントを決める田中浩。プロ通算300犠打を達成
Photo By スポニチ

 DeNA・田中浩康内野手(35)が18日、巨人18回戦(東京ドーム)で史上6人目となる通算300犠打を達成した。

 初回、先頭の桑原が中前打で出塁すると、田口の初球を投前にきっちり転がし、走者を二塁へ進めた。続く筒香の中前適時打で先制点につながった。

 通算300犠打は新井宏昌(近鉄)に並ぶ史上5位タイ。歴代最多は川相昌弘(巨人)の533。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月18日のニュース