広陵・中村 2戦3発!ドカベン香川に並んだ捕手最多タイ

[ 2017年8月18日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権第9日・2回戦   広陵6―1秀岳館 ( 2017年8月17日    甲子園 )

<秀岳館・広陵>9回1死二、三塁、広陵・中村が3ランを放ちガッツポーズ
Photo By スポニチ

 第99回全国高校野球選手権第9日は2回戦3試合が行われ、16強が出そろった。広陵(広島)は今秋ドラフト1位候補の中村奨成捕手(3年)が、9回に左越え3ランをマーク。今大会3本目で、捕手では香川伸行(浪商)らに並んで史上最多。秀岳館(熊本)を下し、10年ぶりの3回戦進出を決めた。

 球場は大歓声で揺れた。左翼スタンドに打球が飛び込むのを確認すると、中村は右拳を突き上げた。

 「打った瞬間いったと思った。気持ち良かった。ばっちし。本当に打てて良かった」

 3―1の9回1死二、三塁。左腕・田浦の初球だ。内角直球に腕を畳んで打ち返した。お手本は巨人・坂本勇だ。動画を見ながら打撃フォームを研究。「参考にしている」と、内角打ちの名人のようなスイングでさばいた。

 2発をマークした中京大中京との1回戦に続く2戦連発。捕手の1大会3本塁打は史上5人目で、ドカベンの愛称で親しまれた浪商(現大体大浪商)・香川伸行らに並んだ。

 「(2戦3発は)全く想像してなかった」と自身も驚くが、ドカベンとの違いは足でも魅せられること。4回は左前打で出塁し、三塁まで進んで暴投で先制ホームを踏んだ。初回にも左翼へ二塁打を放っており、3安打3打点の活躍だ。

 プロからの注目度も急上昇中だ。オリックス・中川隆治アマスカウトグループ長は「1年目の中盤には1軍で顔を出せる」と木製バットにも対応できると評価。日本ハム・大渕隆スカウト部長も「勝負を決める一発を打てる華やかさがある」と称えた。全出場校が登場し、視察を終える球団が多いが、巨人は2人態勢を継続する。現時点では大学、社会人の捕手を含めても捕手でドラフト1位候補となるのは中村ぐらいだ。

 周囲から騒がれるが、中村は満足していない。昨春から3季連続甲子園4強の秀岳館を撃破したが、「出来は6、7割くらい」と言う。「打率10割を目指しているし、盗塁は全部刺したい」。特に初回に許した二盗を「アウトにできたと思ったけど、足が速かった」と振り返った。記憶では公式戦で盗塁を許したのは1年ぶりという。そんな悔しさも力にする。「優勝しか考えていない」。No・1捕手は初の夏制覇だけを見据えている。 (柳澤 元紀)

 ▼巨人小林(広陵OB、07年度卒)の話 中村君(の活躍)もそうですけど、広陵が勝つことはうれしい。(中村から目標とされていることに)僕よりいい選手がいっぱいいますから。

 ▽ドカベン香川(香川伸行) 浪商(現大体大浪商)では牛島とバッテリーを組み、甲子園では3年時の79年春に準優勝、夏は4強に進出。その大会で3戦連発した強打と丸い体形が、水島新司氏の描く漫画「ドカベン」の主人公・山田太郎をほうふつさせ、ニックネームとなった。79年ドラフト2位で南海に入団し、80年にはプロ初打席本塁打をマーク。10年間で78本塁打を放った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月18日のニュース