ヤクルト星 神宮初勝利も反省「もっと大胆にいって良かった」

[ 2017年8月18日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―3巨人 ( 2017年8月17日    神宮 )

<ヤ・巨>4勝目を挙げた星
Photo By スポニチ

 6月28日以来の4勝目にも、ヤクルト・星に笑顔はなかった。「ホッとした部分はある。満足せず、次に向けて調整したい」と振り返る。

 味方が4点取った直後の3回に3点を失った。「もっと大胆にいって良かった」とリードを守ることを意識しすぎた。6回1死満塁で降板し、チームの連敗を3で止めたが、伊藤投手コーチも「まだやるべきことがたくさんある」と成長を求めた。星は16度目の先発で神宮初勝利。明大時代から主戦場だが、これにも「特にないです」と最後まで笑みはなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月18日のニュース