まさかのけん制悪送球…ロッテ 昨季から札幌D12連敗

[ 2017年8月18日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ7―8日本ハム ( 2017年8月17日    札幌ドーム )

<日・ロ>延長11回1死一、二塁、けん制がそれて、二塁走者の岡(左)が一気に生還する
Photo By スポニチ

 ロッテは延長11回に2失策が絡んでサヨナラ負け。1死一、二塁から7番手・松永が二塁へのけん制悪送球でまさかの幕切れ。グラブに当てながら捕球できなかった遊撃手の三木は「止めないといけなかった」と猛省した。

 4発と打線は奮起したが、昨季から札幌ドームでの連敗は12に伸び、今季の日本ハム戦の負け越しも決定。伊東監督は「ミスが出た方が負けた。最後の失点も、つまらない失策から」とため息をついた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月18日のニュース