仙台育英・長谷川 15回連続無失点 3回戦は大阪桐蔭が相手

[ 2017年8月18日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権第9日・2回戦   仙台育英1―0日本文理 ( 2017年8月17日    甲子園 )

<仙台育英・日本文理>最後の打者を空振り三振に仕留めガッツポーズの仙台育英・長谷川
Photo By スポニチ

 2回戦3試合が行われ、仙台育英(宮城)は左腕エース・長谷川拓帆(3年)が7安打無失点で、日本文理(新潟)を1―0で完封。2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(大阪)はエース徳山壮磨投手(3年)が1失点完投で、それぞれ3回戦に進出した。

 最後は自信のある直球と決めていた。1―0で迎えた9回2死一、三塁。エース左腕・長谷川は稲垣を2ストライクと追い込み、内角高めの直球を投じた。こん身の136キロにバットが空を切ると、両手を大きく広げてガッツポーズ。今大会初の1―0完封で2年ぶりの16強進出。6回零封の初戦に続く快投で、甲子園での連続無失点を15回に伸ばした。

 「最後はピンチを楽しむことができた。今日は95点です。守備に心配をかけすぎたけど、全員で抑えられたゼロだと思う」

 前回登板翌日から試合前日まで4日連続ブルペン入り。「体が疲れている方が(力が抜けて)いい投球ができる」と連日投げ込んだ。この日は自己最速にあと1キロと迫る142キロを計測する一方で、力を適度に抜き「8割で丁寧にコースへ投げ分けられた」。さらに「右腕で壁をつくる」イメージで体が開かないように修正し、制球が安定。初戦は6回4四球だったが、今回はわずか2四球で完封。佐々木順一朗監督は「こんなに制球が良かった長谷川は見たことがない。ひ弱な感じがなく、凄く頼もしかった」と絶賛した。

 チームの合言葉は「All Izz Well(オールイズウェル)」。センバツ後、佐々木監督の勧めで全員で見たインド映画のフレーズで「きっとうまくいく」という意味だ。3回戦の相手は春夏連覇を狙う大阪桐蔭。背番号1は「走攻守全てで高校トップレベル。挑戦者の気持ちでぶつかって倒したい」と、王者撃破へ闘志を燃やした。 (原田 真奈子)

 ≪前橋育英・高橋光成(対樟南)以来≫仙台育英・長谷川が日本文理戦で1―0完封。夏の甲子園の完投による1―0完封勝利は、13年2回戦の前橋育英・高橋光成(対樟南)以来。チームの1―0完封勝利は、78年夏の1回戦(対高松商)で大久保美智男が17回完投でマークして以来春、夏通じ39年ぶり2度目となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月18日のニュース