阪神・秋山 自身初10勝も「これからが勝負」 特大弾は「練習の成果」

[ 2017年8月18日 21:46 ]

セ・リーグ   阪神10―4中日 ( 2017年8月18日    ナゴヤD )

<中・神>4回裏2死三塁、ゲレーロを中飛に打ち取りガッツポーズの秋山
Photo By スポニチ

 阪神の秋山が18日の中日戦、7回2失点の好投で自身初の10勝目。6回には特大のプロ1号2ランを放って、自ら記録に花を添えた。

 緊急降板した5日ヤクルト戦以来の登板での快投に「自分のケガで休んだ分を取り返そうと思った。もう少し長いイニングを投げられればよかったですけど、勝利に貢献できた」と安どの表情を見せた。

 7年目までわずか6勝。8年目の今季に覚醒し早くも10勝目。「10勝はうれしい気持ちもあるけれど、これからが勝負。上に行くために頑張る」と気持ちを引き締めた。

 プロ入り初本塁打については「思いきっていきました。たまたまですけど、練習の成果ですね」とおどけた表情。10勝、本塁打の初ものづくしとなった1日に「うれしい」と満面の笑顔だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月18日のニュース