ロッテ 鈴木大地 バースデー適時打「18時6分に生まれた そのくらいの時に打てて何かを感じる」

[ 2017年8月18日 18:49 ]

パ・リーグ   ロッテ―オリックス ( 2017年8月18日    京セラD )

1回二死三塁、キャプテン・鈴木は左越えにバースデー適時三塁打
Photo By スポニチ

 ロッテの鈴木大地内野手がバースデー適時打を放った。

 初回、先頭の加藤が敵失で出塁。続く荻野が左翼線への適時二塁打で、わずか6球で先制に成功した。これで10試合連続安打と好調の荻野は「翔平(加藤)もラッキーな形で塁に出たので、自分も次につなぐ気持ちだけだった」と振り返った。

 さらに2死三塁からこの日28歳の誕生日を迎えた鈴木が、カーブを捉えて左中間三塁打。左翼席から流れたバースデーソングにバットで応え「打ててよかった。酒居に勝ちをつけられるように勝つだけです。誕生日にヒットが打ててよかった。僕、18時6分に生まれているので、そのくらいの時に打てて何かを感じますね。28歳のいいスタートがきれました」と笑みをこぼした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月18日のニュース