大阪桐蔭・泉口 ツバまっすぐの今ドキ球児が奮闘

[ 2017年8月18日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権第9日・2回戦   大阪桐蔭2―1智弁和歌山 ( 2017年8月17日    甲子園 )

<大阪桐蔭・智弁和歌山>7回2死三塁、勝ち越しの生還を果たし、ナインとタッチを交わす大阪桐蔭・泉口
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭の泉口友汰内野手(3年)が決勝のホームを踏んだ。先頭で迎えた7回に右翼へ二塁打を放つと、続く徳山の犠打で三進。打者・福井の2球目、相手投手の暴投で本塁に生還した背番号6は「和歌山出身ですし、絶対に負けられなかった」と汗をぬぐった。

 この日は3安打の固め打ちでチャンスメークに徹した。帽子のツバがまっすぐなのが特徴的。藤原、根尾ら2年生にスター選手が多い中、目立つために取りいれたというが「視野が広がります」と笑った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月18日のニュース