巨人・田口 痛恨6回梶谷に勝ち越し3ラン被弾 6回5失点で降板

[ 2017年8月18日 20:10 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2017年8月18日    東京ドーム )

<巨・D>6回1死二、三塁、梶谷に右中間への勝ち越し3ランを浴びる田口
Photo By スポニチ

 巨人の田口麗斗投手(21)がDeNA打線につかまり、6回5失点で降板した。

 2―1の6回1死一、二塁で嶺井に三塁線を破られ同点。続く梶谷には初球のスライダーを右中間席に運ばれ、3点を勝ち越された。

 ここまで自身6連勝中と抜群の安定感を誇った左腕。その裏、坂本勇の2ランで5―6としたものの、この回で降板となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月18日のニュース