東海大菅生19安打9得点で初8強 元中日投手の指揮官「いいように回った」

[ 2017年8月18日 20:02 ]

第99回全国高校野球選手権大会第10日3回戦   東海大菅生9―1青森山田 ( 2017年8月18日    甲子園 )

 東海大菅生(西東京)が4回まで毎回得点となる19安打9得点の猛攻で青森山田(青森)に9―1で圧勝。同校初のベスト8進出を決めた。

 東海大菅生は初回、2死三塁から片山が左越え二塁打を放って先制。2回に1点を加えた後の3回には、無死一塁で2球連続バントを失敗した3番・小玉が3球目をバックスクリーン左へ運ぶ2ランを放つなど打者10人で7安打集中の一挙5得点。4回には無死一塁の走者が二塁盗塁に失敗した後で次打者の4番・片山にソロ本塁打が飛び出すなど計19安打で圧勝した。

 元中日投手の若林弘泰監督(51)は「小玉がバントできなくて破れかぶれというか、たまたま本塁打になったり、仕掛けて走者がアウトになった後に4番が本塁打を打ったり、本当にいいように回ったかなと思います」と苦笑い混じりに試合を振り返った。

 試合前は相手先発投手を斉藤勇と予想していたが、三浦が先発。だが、「同じようなタイプだったので、予想は外れたが、戸惑うことなくできた」と初回から三浦に襲いかかり、2回途中でKO。2番手の左腕エース三上からは6点を奪った。5回から3番手として登板した斉藤勇には3イニング連続で無得点に抑えられたが、8回には1点を加える完勝だった。

 1番の田中、3番の小玉、4番の片山と3選手が4安打という結果には「うちはトップの田中が出て中軸でかえすという野球なので、きちっとできたかなと思います」と若林監督。甲子園初登板ながら9回を6安打1失点で完投した2年生の戸田については「本来彼の持っている力からしてみれば当たり前かなとは思うが、非常に向こうっ気の強い投手なので、それがマイナスに出るとどうなるか分からなかったので非常に立ち上がりからいい感じで入れたと思う」と評価した。

 準々決勝では、この日の第2試合で二松学舎大付(東東京)が2―5で敗れた三本松(香川)と対戦する。「何とか西東京としてかたき討ちをできたらなと思います。頑張ります」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月18日のニュース