幸運呼ぶ人形効果?イスラエル 無傷6連勝「メンシュはチームの一員だ」

[ 2017年3月10日 09:30 ]

WBC1次ラウンドA組   イスラエル4―2オランダ ( 2017年3月9日    韓国・ソウル )

<イスラエル・オランダ>ベンチに幸運の人形「メンシュ」を座らせるイスラエル。右はドイル三塁ベースコーチ(AP)
Photo By AP

 幸運を呼ぶ「メンシュおじさん」効果で、イスラエルが1位突破を決めた。既に2次ラウンド進出を決めていたこともあり、調整の意味も込めて9人継投。それでも強打のオランダ打線を2点に抑えた。ほぼ1イニングごとに技巧派、速球派といろいろなタイプをつないだジェリー・ウェインスタイン監督は「日本(ラウンド)で勝つために」と自信をのぞかせた。

 快進撃の立役者が、ベンチに持ち込んでいる「メンシュ」と呼ばれる正装をしたユダヤ系のおじさん人形。ブルワーズに所属するデッカーが購入し、昨年9月のニューヨークでの予選ラウンドから「ベンチ入り」し、これで無傷の6連勝となった。米大学球界で23年にわたって指揮を執り、800勝以上もの白星を挙げてきた73歳の指揮官は「メンシュは我々のチームの一員だ」と笑った。試合後の会見にも同席させており、東京ドームにも登場することになる。

 2次ラウンドでは選手を入れ替え、米マイナーリーグの2投手を加えてさらに厚みを増す。28人中、27人がユダヤ系米国人というイスラエル旋風は人形同様に不気味だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月10日のニュース