DeNA今永 復活6回1失点 前回大乱調9失点から修正

[ 2017年3月10日 05:30 ]

オープン戦   DeNA8―1オリックス ( 2017年3月9日    ウインク )

<オ・D>6回を4安打1失点と好投した今永
Photo By スポニチ

 DeNAの今永がオープン戦初登板で6回4安打1失点と好投した。1―1の4回に1死一、三塁から三ゴロの間に1点を失ったものの、連打を許したのはこの回だけ。最速143キロの直球を軸に96球を投げきり「僕の中では正直ホッとしている。今日は調子もよかった」と笑顔を見せた。

 修正力が光った。前回登板した1日のJR東日本との練習試合(ベイスターズ球場)では、3回1/3を9安打9失点と大乱調。「腕だけの力でボールを投げていた」と分析し、1週間で本来の投球フォームを取り戻した。「前回と比べて別人の内容。駄目な後の登板が大事と、執念を出してやった」と胸を張った。

 昨季8勝の左腕は開幕ローテーション入りが確定済み。ラミレス監督は「全く心配はしていなかったが、素晴らしいカムバックだったね」と満足げだった。 (中村 文香)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月10日のニュース