侍J武田 中国戦へ気合十分 藤浪は救援登板へ

[ 2017年3月10日 06:15 ]

WBC1次ラウンドB組   日本―中国 ( 2017年3月10日    東京ドーム )

岡田(左)と笑顔で話す武田
Photo By スポニチ

 10日の中国戦に先発する侍ジャパン・武田は、キャッチボールなどで最終調整した。

 チームは2連勝と波に乗り「一発勝負の世界。まずは自分の投球をすること」と気合十分。結果いかんで、2次ラウンド第3戦の先発が回ってくる可能性もある。同じくここまで登板のない藤浪は、救援登板が見込まれる。大会前の実戦では2度救援し、ともに1回無失点。「どこで投げようと勝利に貢献できるように。いつ投げてもいいような準備をしている」と力を込めた。過去3大会で一度もない1次ラウンド3連勝へ、2人が導く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月10日のニュース