ロッテ ドラ1佐々木 浦和で83球 し烈先発枠争い「結果残さないといけない立場」

[ 2017年3月10日 16:51 ]

投球練習をするロッテ・佐々木
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・佐々木(桜美林大)が10日、ロッテ浦和球場で83球の投球練習を行った。

 熱の込もった投げ込みの後はダッシュなどで汗を流し「結果を残さないといけない立場なので」。先発ローテーションは涌井、石川、唐川が確定しており、残りの枠を西野、大嶺祐、二木、スタンリッジらと争っている。

次回の登板に向けて「四球をなくしたい」と課題を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月10日のニュース