ソフトB和田 開幕へ着々 新兵器の縦カーブで幅広がった

[ 2017年3月10日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク5―1日本ハム ( 2017年3月9日    ヤフオクドーム )

<ソ・日>日本ハムに勝利し飯田(左)と笑顔を見せる和田
Photo By スポニチ

 開幕投手に決まっているソフトバンク・和田が“進化”を見せた。オープン戦初登板で先発し、4回を2安打無失点に抑えた。

 昨年9月17日のオリックス戦以来の本拠地マウンド。「前回より良かったけど、まだ納得できるボールは少ない。ヤフオクで投げられたのは良かった」。自身4度目の大役に向け、調整は順調だ。

 新兵器を披露したのは3回だった。先頭の9番・中島に2ストライクからの4球目、110キロの縦カーブを放り込んだ。大きな弧を描き、ワンバウンドしてキャッチャーミットに収まる。5球目は軌道が異なる111キロのカーブで空振り三振に仕留めた。2種類のカーブで昨季両リーグ最多759本のファウルを放った、粘る中島を翻弄(ほんろう)した。

 縦の変化が大きなカーブは今季から取り組む新球。「僕にカーブを投げるイメージはないと思うので、カーブもあるぞというのを見せられた。勝負球にもカウントにも有効に使えれば(投球の)幅が広がる」と手応え。相乗効果か、スライダーの曲がりも良くなったという。「きょう投げてないカットボールも、より生きてくると思う」とうなずいた。

 次回の登板は100球がめどとなる。「初回と2回ではフォームが変わった感じがした。体が開くのが早い感じがした」と反省も忘れない。工藤監督も「いい調整ができている。本人に任せているので、考えていることを開幕までにやってくれれば」と信頼を置く。昨季、最多勝と最高勝率の2冠を達成したベテラン左腕が、さらなる高みを目指す。(後藤 実穂)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月10日のニュース