DeNAなど3社と横浜市が包括連携協定を締結 ラミレス監督「子供たちに夢を」

[ 2017年3月10日 16:25 ]

 ディー・エヌ・エー(DeNA)、横浜DeNAベイスターズ、横浜スタジアムの3社と横浜市は10日、スポーツ振興と地域経済活性化等に向けた包括連携協定を締結した。

 横浜市内で会見に臨んだDeNAのラミレス監督は「DeNAと横浜市が一つになって、さまざまなことをやっていくのは非常に素晴らしいこと。今後はベイスターズとDeNAランニングクラブが横浜市の若者にスポーツの素晴らしさを伝え、子供たちに夢を与えることができると思う」と語った。

 また、協定締結に伴い、DeNAランニングクラブが新年度から「横浜DeNAランニングクラブ」と名称変更することも発表。瀬古利彦総監督は「横浜の皆さんに自慢してもらえるようなチームをつくっていきたい」と話した。会見では、プロ野球DeNAのユニホームをモチーフにした新しいホームユニホームもお披露目された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月10日のニュース