田中、初出場で役割果たす「与えられたポジションで仕事」

[ 2017年3月10日 23:20 ]

WBC1次ラウンドB組   日本7―1中国 ( 2017年3月10日    東京D )

 ここまで出番のなかった田中が広島での定位置でもある「1番・遊撃」で初先発した。初回に中前打と二盗で好機を演出し、山田(ヤクルト)の犠飛で先制のホームを踏んだ。トップバッターの役割を十分に果たし「チームに勢いを与えようと思った」とうなずいた。

 3イニング無得点が続いて迎えた7回には2死から二塁内野安打で出塁し、菊池(広島)の適時打につなげた。現状の立場は内野の控えだが、強化試合からの好調を維持して存在感を示した。「与えられたポジションでしっかり仕事ができれば」と殊勝に話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月10日のニュース