オランダ グダグダ7投手10与四死球 打線は凄いけど…

[ 2017年3月10日 05:30 ]

WBC1次ラウンドA組   オランダ2―4イスラエル ( 2017年3月9日    韓国 )

<イスラエル・オランダ>3安打を放ったオランダ・プロファー(AP)
Photo By AP

 オランダは豪華な顔触れがそろう野手陣に対し、層が薄い投手陣が不安を露呈した。

 7投手を起用したが10四死球を与え、ヘンスリー・ミューレン監督は「ストライクゾーンで勝負しないといけない。2次ラウンドでどう克服するか」と課題に挙げた。ただ、打線は侍ジャパンにとっても脅威。2番のプロファーが3安打し、3試合で打率.545と絶好調で、4番のバレンティンも2四球を選ぶなど、出塁が多い。3番ボガーツ、5番J・スクープがつながれば、得点力が増す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月10日のニュース