中国、全敗にも手応え マクラーレン監督「成長を感じられた」

[ 2017年3月10日 23:22 ]

WBC1次ラウンドB組   中国1―7日本 ( 2017年3月10日    東京D )

 中国は3戦全敗で大会を去った。3回にチャンの適時打で今大会初得点を挙げたが、4回以降はわずか1安打に終わった。マクラーレン監督は「今日は中国選手の個性が出せた。成長を感じられた」と敗戦を前向きに捉えた。

 米大リーグは中国に育成組織を設置し、野球の普及に取り組んでいる。普段はフィリーズのコーチを務めるマクラーレン監督は「時間はかかるが、いいステップを踏んでいる。松井やイチローのような憧れの存在が出てくれば、野球が広まっていくと確信している」と期待を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月10日のニュース