ヤクルト原樹 修正力5回2失点 相手・岸からもフォーム盗む

[ 2017年3月10日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト7―4楽天 ( 2017年3月9日    倉敷 )

<楽・ヤ>初回無死一塁、原樹は岡島に足元を抜かれる中前打を打たれる
Photo By スポニチ

 2年目のヤクルト・原樹が試合中の修正力で5回を2失点にまとめた。

 2回は3人で抑えたものの、球が浮き、松井稼に3ボールとカウントを悪くした場面もあった。「体が突っ込んでしまっていた。イニング間に肩甲骨を意識した投球をして修正できた」。さらには伊藤投手コーチから相手投手・岸のバランスのいい投球フォームを見るように指示を受け、オフの自主トレをともにした先輩からも良いところを盗んだ。昨季は2勝8敗に終わった右腕に、真中監督は「(先発枠を)高いレベルで争ってもらえれば」と期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月10日のニュース