侍ジャパン小久保監督 打線に満足、9番の秋山「非常に機能した」

[ 2016年11月11日 23:07 ]

強化試合 ( 2016年11月11日    東京D )

<メキシコ・日本>監督インタビューで一礼する小久保監督

 強化試合第2戦でメキシコに11―4で勝利した侍ジャパンの小久保監督は「きのうは(メキシコの)エドガー監督の細かい継投の前に打線がつながらなかったが、きょうはうまくつながりました」と13安打で11点の打線に笑顔を見せた。

 「WBCに向けて、いろいろ試している」と話した通り、この日は「1番・三塁」で山田が先発、第1戦では代打で登場の大谷を「3番・DH」で先発。その中でも前日の2番からこの日は9番で先発した秋山が3安打4打点の活躍を見せ「非常に機能した」と満足そうな表情。

 第3戦となる12日のオランダ戦は侍ジャパン初選出の石川が先発。「初の登板ということで、しっかりそのへんも見てみたい」と期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月11日のニュース