楽天 岸と契約交渉 星野副会長「前向きに考えてくれていると思っている」

[ 2016年11月11日 19:10 ]

楽天とのFA交渉を終え、笑顔の岸

 楽天は11日、西武から海外フリーエージェント宣言した岸孝之投手(31)と都内のホテルで契約交渉に臨んだ。

 約1時間の交渉を終えた星野副会長は「僕自身、ポジティブに考えている。僕と会ってくれるということは前向きに考えてくれていると自分では思っている」と手応えを口にした。

 岸は「“必要だ”と言っていただき、うれしく思います」と話した。

 楽天は地元・仙台出身右腕の獲得に向けて、4年最大20億円の契約を準備している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月11日のニュース