山田、三塁守備を反省 手応え「全くない」

[ 2016年11月11日 23:58 ]

強化試合 ( 2016年11月11日    東京D )

 山田(ヤクルト)が初めて三塁で起用された。4回のアマダーのゴロは無難に処理したが、6回は一塁への送球が浮いて失策を記録。本職の二塁と違う足さばきに違和感があるといい「(手応えは)全くない。反省しないと」と話した。

 1番で起用された打撃は、相手の好守にも阻まれ2試合連続で無安打に終わった。「明日(12日)からの2試合は結果にこだわってやりたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月11日のニュース