ジャイアンツ 上原獲り興味 GMが代理人と会談「上原は価値がある」

[ 2016年11月11日 05:30 ]

レッドソックスの上原

 ジャイアンツはレッドソックスからFAとなった上原に興味を示し、ボビー・エバンスGMが上原の代理人を務めるマーク・ピーパー氏と会談した。

 今季大リーグワーストのセーブ機会失敗(30回)を記録したジ軍の補強ポイントは守護神。ジャンセン(ドジャースからFA)らの獲得を狙うが、ピーパー氏は「7~9回のどんな状況でも投げられる上原は価値がある」と売り込んだ。ただ、同氏は「まだ対話を始めるレベル。どの球団がフィットするか見ていく」と説明した。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月11日のニュース