力んだ?中田 侍ジャパン4番で無安打「情けない」

[ 2016年11月11日 05:30 ]

侍ジャパン強化試合 ( 2016年11月10日    東京D )

<日本・メキシコ>7回2死、中田は一邪飛に倒れる

 初戦で4番を任された侍ジャパンの中田(日本ハム)は4打数無安打に終わり「情けない。期待に応えることができなくて悔しい」と唇をかんだ。

 初回の第1打席では四球を選んだものの、2打席目以降は3打席続けてフライアウト。4点を追う9回2死一塁では三ゴロで最後の打者となり「強引にいき過ぎた」と振り返った。

 ▼山田(3番で2四球も無安打)しっかりボールは見えていたが、打たなくていい球を打っていた。打ちたい気持ちが強すぎた。

 ▼坂本(小久保政権下では初の1番で2四球1安打)先頭で3度出塁できたことはよかった。(9回は)安打も出てホッとしている。

 ▼鈴木(8回に代表初安打)僕自身は良かったが、チームが負けて悔しい。外国人独特の動く球は打ちづらかった。それを、しっかりと見られたことは良かった。

 ▼秋山(初回無死一塁から犠打)サインが出て決められてよかった。(相手投手陣は)思ったより球が変化してバットの先に当たったりして捉えられなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月11日のニュース