ロッテ関谷 新球シュートで対右封じへ「僕のスピードでは…」

[ 2016年11月11日 05:30 ]

 ロッテ・関谷が来季へ向けてシュート習得に挑戦する。

 1年目の今季は5勝を挙げたが、武器とするチェンジアップは左打者には有効でも右打者との対戦では苦しんだ。左打者の被打率は・271で、右は・313。課題の対右打者封じへ「僕のスピードでは内角の直球も打たれるので、シュートを覚えたい」。先発陣はドラフト1位指名の佐々木千(桜美林大)と、抑えから先発に転向した西野が加わって競争激化するが「目標は10勝」と設定した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月11日のニュース