甲子園も京セラDも使えず…阪神 来季開幕戦主催広島に

[ 2016年11月11日 05:30 ]

甲子園球場

 セ・リーグは10日、交流戦を含む来季の公式戦日程を発表した。

 3月31日にセ、パ同時に開幕。15年の上位球団であるヤクルト、巨人、阪神に開幕カードの主催権があったが阪神はセンバツ期間中で甲子園を使用できず、京セラドームはオリックスが使用するため、開幕権を返上し、広島の主催で行われる。15年から交流戦が1チーム18試合に減り、リーグ内対戦は1カード25試合。試合数が奇数になり、来季は阪神、ヤクルト、中日のホームゲームが1試合多く63試合となる。来年1月以降に開始時間など詳細日程が発表される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月11日のニュース