中日 小笠原 驚きの300万円増「ナゴヤドームで勝たないと」

[ 2016年11月11日 17:41 ]

300万円増の1800万円でサインし、笑みを見せる中日・小笠原

中日の小笠原慎之介投手(19)が11日、ナゴヤ球場に隣接する「昇竜館」で契約交渉を行い、今季年俸1500万円から300万円増の1800万円でサインした。

 高卒ながら黄金ルーキーとして期待された今季は15試合に登板して2勝6敗、防御率3・36。「(上がって)びっくりしました。今年そんなに結果を出せなかったけど、来年に向けてやっていこうという気持ちになりました」と決意を新たにした。

 球団側には「最下位で苦しんでいるチームにはボクの力が必要だというような話をしてもらった」という。11月1日には左ヒジの遊離軟骨を除去する手術を受けたばかり。10日に抜糸を終え、順調にいけばキャッチボール再開は年明けとなる見通しだ。

 今季2勝はすべてビジター勝利だっただけに、「ナゴヤドームで勝たないとファンの方々も納得してくれないと思う。名古屋のファンの人から愛されるような選手になりたい」と来季を見据えた。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月11日のニュース