西武・栗山 FA権行使して残留「これからもライオンズで」

[ 2016年11月11日 05:30 ]

西武の栗山

 西武は栗山が海外FA権を行使した上で残留すると発表した。

 単年契約を結ぶ予定で、年俸など条件面は改めて契約更改交渉で話し合う。15年目の今季は出場135試合で打率.279、3本塁打、41打点。宣言残留という決断は「生涯ライオンズ」の決意の表れで、球団を通じて「これからもライオンズでプレーしたいという意思で、今回のFA宣言と残留を決めた」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月11日のニュース