マーリンズ編成本部長 Aロッド獲り認めた「調査している」

[ 2016年8月16日 05:30 ]

アレックス・ロドリゲス内野手 (AP)

 スタントンの故障を受け、マーリンズは12日に引退試合を行ったヤンキースのロドリゲスの獲得調査を本格化させた。

 マイケル・ヒル編成本部長が「調査をしている。獲得可能であれば候補のリストに入る」と認めた。ロドリゲスはヤ軍の特別アドバイザー兼インストラクターへの就任が内定しているが、引退を明言しておらず、13日に自由契約となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月16日のニュース