Aロッド、今季復帰はなし マーリンズが関心も…広報係が声明発表

[ 2016年8月16日 08:53 ]

アレックス・ロドリゲス内野手 (AP)

 ヤンキースを自由契約となったアレックス・ロドリゲス内野手(41)が、今季はどのチームとも契約せず、プレーする意思がないことを明かした。ロドリゲスの広報係を務める人物が15日に声明を発表した。

 その声明によると、ロドリゲスは現在、野球を離れて家族や友人と過ごす時間を楽しんでおり、他チームでプレーすることはないとのこと。ただ、来季に復帰するかどうかについては触れられていない。

 ロドリゲスは打撃不振で若返りを図るチームの戦力構想から外れ自由契約に。来年までヤンキースの特別アドバイザー兼インストラクターに就くことが発表されたが、本人の口から「引退」という言葉は聞かれていない。まだ戦力になると考える球団もあり、主軸のスタントンをケガで欠くマーリンズが獲得の動きを見せている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月16日のニュース