ロッテ 初回でノーゲーム 伊東監督「チャンスだったのにね…」

[ 2016年8月16日 19:37 ]

雨天中止となりベンチを引き揚げるロッテ・平沢

パ・リーグ ロッテ―楽天

(8月16日 コボスタ宮城)
 楽天―ロッテ戦は初回途中で降雨ノーゲームが決まった。

 ロッテは先頭の岡田、荻野が連打を放ち、1死一、二塁の好機で4番・デスパイネを迎えたが、台風の接近で雨脚が強まって中断。そのまま中止となり、伊東監督は「いい形で攻められてチャンスだったのにね…」。

 宮城出身のルーキー・平沢は「9番・遊撃」でスタメンに入ったが打順が回らなかった。なお、先発・スタンリッジが17日にスライド登板する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月16日のニュース