西武 15度目で武田に初勝利「豊田さんに楽には勝てないぞ、と言われている気が」

[ 2016年8月16日 22:43 ]

 西武は苦手の武田から通算15度目の対戦で初勝利を手にした。0―3の4回無死二塁から3連続長短打で同点とする。さらに2四球で満塁と攻め、呉念庭の押し出し死球で勝ち越した。田辺監督は「制球の乱れに乗じてよくつないだ」と打線の奮起をたたえた。

 14日に死去した元西鉄の豊田泰光氏をしのび、ユニホームに喪章をつけた。西武の前身、西鉄の本拠地だった福岡での一戦だった。監督は「試合中、豊田さんに楽には勝てないぞ、と言われている気がした。勝ちを届けられて良かった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月16日のニュース