樟南・浜屋 「魔の6回」…5回まで1安打快投も4失点

[ 2016年8月16日 05:30 ]

<樟南・花咲徳栄>6回2死一、二塁、花咲徳栄・楠本の2点二塁打で逆転されガックリの樟南・浜屋(右)

第98回全国高校野球選手権第9日・2回戦 樟南3―6花咲徳栄

(8月15日 甲子園)
 樟南(鹿児島)のエース浜屋にとって「魔の6回」となった。5回まで1安打無失点の快投。

 ところが、グラウンド整備が終わった真っさらなマウンドに上がった1―0の6回は「間が空いて気が緩んだ」という。先頭への死球から4失点で逆転され「後半は力んで甘く入った」と振り返った。鹿児島大会決勝で鹿児島実との引き分け再試合の激闘を制した時は涙を流した。だが、今回は「楽しくできた。悔いはない」と表情は明るかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年8月16日のニュース